GOODSMILE RACING 公式応援サイト

LANGUAGE ::
LOGIN

速報レポートREPORT

練習走行Practice
予選Qualifying
ウォームアップWarm-UP
決勝Final

9:20 – 10:55 公式練習(GT300/GT500混走)

10:55 – 11:05 公式練習(GT300占有)

11:05 – 11:15 公式練習(GT500占有)

 

5月に行われる予定だった第3戦鈴鹿が延期となった為、久々のレースとなった第4戦もてぎ大会が始まった。

 

気温/路温はセッション開始時で26℃/32℃、セッション開始から1時間経ったころには31℃/41℃とぐんぐんと上がっていった。

 

4号車グッドスマイル 初音ミク AMGは片岡選手から走り出し、セッティングと持ち込んだタイヤの確認を行った。

 

5周目には1:50.393でトップに立った。

その後もさらにタイムを上げて12周目には1:48.410を記録した。

 

15周目に谷口選手に交代してロングランの確認を行った。

ロングランのペースもよく順調に周回を重ねていった。

 

GT300の占有時間はそのまま谷口選手がアタックをした。

 

谷口選手が32周、片岡選手が14周で合計46周を走行した。

ベストタイムは片岡選手が12周目に出した1:48.410で2番手だった。

 

セッションのトップは88号車が出した1:48.217。

2番手に4号車グッドスマイル 初音ミク AMG、3番手に11号車GT-Rというトップ3となった。

 

GT300公式練習の結果は以下の通り。

88-4GSR-11-10-56-244-2-52-9-18-55-65-25-96-30-7-50-21-61-360-87-6-60-35-34-31-22-5-48

Q1Q2

Q1 14:15-14:25

 

GT300の予選は今回もA組、B組に分かれて行われた。

グッドスマイル 初音ミク AMGはA組に出走。

 

気温/路温は33℃/47℃まで上がっていた。

 

今シーズン初めてQ1を谷口選手がステアリングを握りコースイン。

早くも2周目にアタックし、1:48.771でトップタイムを記録した。

アタックを続け、1:48.683とさらにタイムアップ。

しかし、その後11号車、88号車、56号車がベストタイムを更新した為、4番手に後退するも、Q1は危なげなく突破した。

Q1Q2

15:08-15:18

 

Q2は片岡選手がアタック。

気温/路温は33℃/45℃とQ1とほぼ変わらないコンディション。

 

多くのマシンが開始早々コースに入っていく中、コンディションを見てピットで少し待機してからコースイン。

片岡選手は2周目には1:48.265で3番手につけた。

その後11号車が1:47.737でトップに立ち、56号車もさらにタイムを出した為、4号車は5番手で予選を終えた。

 

ポールポジションは11号車GT-Rが獲得。2番手に244号車GR Supra、3番手には56号車GT-Rが続いた。

GT300の正式予選結果は以下の通りとなった

 

11-244-56-52-4GSR-88-61-25-18-9-65-87-7-30-34-360-2-5-6-55-10-96-60-21-48-50-22-35-31

 

グッドスマイル 初音ミク AMGは今シーズンベストグリッドの5番グリッドからのスタートする。

 

ウォームアップ走行

11:35-11:55

決勝前最後の確認走行のウォームアップは片岡選手が走行し、セッションの最後に谷口選手へとドライバー交代を行い最後のチェックをした。

4号車グッドスマイル 初音ミク AMGは8周目の1:50.818がベストタイムで6番手。

 

トップは56号車の1:50.509で全体のリザルトは下記の通りです。

 

56-360-88-31-30-4-10-2-244-7-9-18-34-11-87-25-61-96-55-52-21-65-5-60-50-6-35-48-22

決勝

 

13:10スタート

 

SUPER GT参戦100戦目となる記念のレースは、気温/路温33℃/51℃のコンディションの中スタートした。

 

スタートはツインリンクもてぎを得意とする片岡選手が担当。

グリッドからスタートできない車両がいたが、フォーメーションラップの2周の間に回収された為、予定通りスタートした。

 

オープニングラップの順位変動はなく、5番手をキープした。

 

その後、前の52号車GR Supraと後ろの88号車HURACANの2台とギャップの変化はほぼなく、周回を重ねていった。

20周目に4号車グッドスマイル 初音ミク AMGはピットに入り、ドライバーを谷口選手へと代わり、給油、左2輪のタイヤ交換を済ませコースへ復帰。

他の上位勢もピットを済ませたところで、実質2位で先頭の11号車GT-Rを追った。

 

37周目に出火の為コース脇に停止した車両が発生した為、FCYが掲示された。このFCY直前に2号車LOTUSがタイミング良くピットインした為、コース復帰時にトップに躍り出た。

 

42周目にも停止車両によるFCYが掲示。解除後は後ろから52号車と244号車、2台のGR Supraのペースがよく、44周目と55周目にそれぞれ抜かれて5番手に後退。そのまま5位で58周目にチェッカーを受けた。

 

優勝はFCYのタイミングでうまく前に出た2号車で、11号車、52号車と続いた。

 

暫定結果は以下の通り↓

2-11-52-244-4-25-9-30-65-18

以上が入賞

21-61-60-96-10-34-360-31-6-50-48-22-55-88-7-56-5-35-87

サーキットサファリCIRCUIT SAFARI

新型コロナウィルス対策で実施されません。

ショップイベントSHOP EVENT

★イベント広場「GSRショップbyFOREST」情報

●個人スポンサー2021『サーキット・イベント引き換え券』のご利用が可能です。

●購入特典

・個人スポンサー一覧クリアファイル(Rd.4 もてぎ 仕様)

※お買い上げ3,000円毎に1枚プレゼント

※在庫が無くなり次第終了となります。

 

★レーシングミクサポーターズ2021情報

 

今回オフィシャルステージは新型コロナウィルス対策で実施されません。

レーススケジュールSCHEDULE

予選日
決勝日

08:30 – 09:00 FIA-F4 : 公式予選

09:20 – 11:15 SUPER GT : 公式練習

12:15             FIA-F4 : Rd.5 決勝(13Laps)

13:05 – 13:50 ピットビューイング

14:15 – 14:58 SUPER GT : ノックアウト予選(Q1)

15:08 – 15:36 SUPER GT : ノックアウト予選(Q2)

16:10             FIA-F4 : Rd.6 決勝(13Laps)

08:30             FIA-F4 : Rd.7 決勝(13Laps)

09:35 – 10:35 ピットビューイング

10:55 – 11:20 ドライバーアピアランス

11:35 – 11:55 SUPER GT : ウォームアップ走行

13:10             SUPER GT : 決勝レース(63Laps)

RACERACE

ラウンド予選予選結果決勝決勝結果速報レースレポートギャラリー
SUPER GT Rd.1 岡山国際サーキット4月10日27位4月11日14位GoGoGo
SUPER GT Rd.2 富士スピードウェイ5月3日11位5月4日8位GoGoGo
SUPER GT Rd.4 ツインリンクもてぎ7月17日5位7月18日5位GoGoGo
SUPER GT Rd.3 鈴鹿サーキット8月21日-8月22日----
SUPER GT Rd.5 スポーツランドSUGO9月11日-9月12日----
SUPER GT Rd.6 オートポリス10月23日-10月24日----
SUPER GT Rd.7 ツインリンクもてぎ11月6日-11月7日----
SUPER GT Rd.8 富士スピードウェイ11月27日-11月28日----

左右にスクロールしてください。

#FIGHTGSR#FIGHTGSR